日本語教師の資格が欲しいなら勉強あるのみ

体験から得た教訓

男性

スピードラーニングはCDで送られてくる英語教材です。この教材を使う時には、私の体験談からの教訓で、次の事に注意します。それは聞き始める前に、文法力と単語力をつけることです。そうでないと、聞いた英語を理解するのに時間がかかってしまい、時間を無駄にしてしまいます。

もっと読む

本場の英語を学ぼう

国旗

イギリスは広大な土地を持っているため地域によって訛りの英語を使っている場合があり、事前にアクセントについて知識を深めて留学しましょう。永住権取得が難しいイギリスですが、留学経験が十分な英語力の証明や各種契約面での優遇に繋がります。

もっと読む

英語のスピード学習

CD

日常生活で利用する知識のみを厳選することで、英語の学習効果を高めているのがエブリデイイングリッシュという教材です。耳で聞く教材ですがスクリプトブックも付いていますので、しっかりと読んで確認したい方にもオススメです。

もっと読む

日本語を教える方法

手

日本語を教えるためには

外国人に日本語を教える日本語教師になりたいと思ったら、資格を取りましょう。国家資格ではないのですが、自分がどれだけ外国人に対して日本語を教える能力があるのかを判断する材料となります。だから、持っていたほうが就職でもかなり有利になるでしょう。むしろ、資格を持っていないとなかなか日本語教師として働くことが難しいかもしれません。日本語教師の資格取得ができる学校がたくさんありますから、なりたいと思ったらまずは学校に通いましょう。そこで、日本語を教えるスキルを身に着けてください。やはり、文化も言語も全く異なる人に日本語を教えることは容易ではありませんから、きちんと教えるスキルを身に着けたほうが自分にとってもプラスになるはずです。

最短の道とは

日本語教師になりたいけれど、なるべく早く活躍したいと思っている人もいるでしょう。日本語教師になるための最短の道を考えてみましょう。大学の日本語教育課程を修了したり、日本語教師養成講座の420時間コースを修了する方法があります。ただ、これらはどうしても時間がかかってしまうために、もう少し早く取得できる方法がないかと思う人もいるでしょう。これらのほかに、日本語教育能力検定に合格することがあります。検定試験に合格すれば良いので、これが最短の道かもしれません。どの道を選ぶのかは、その人次第です。検定試験に合格することを目指すのも良いですし、時間をかけてじっくりとスキルを身に着ける方が自分に合っている人もいるのでよく考えて進みましょう。

日本語教師としてグローバルな現場で活躍する